住宅ローン借り換えで得られるメリットとは?

住宅ローンを借り換えるメリットは、支払総額が減額できることに尽きると思います。
借り入れ時期が数年前の人でも、現在の金利は驚くほど下がっていると思います。
同じ金額を借りるのなら、金利が低い方が良いに決まっていますね。
そこで、金利が安い今のうちに新たに住宅ローンを組んで、現在返済している金利が高い住宅ローンを完済してしまえば、今後は安い金利で返済できるので支払う金額を下げることができるというわけです。
高い金利で返済する回数を1回でも多くすれば、その分メリットは大きいと言うことになります。
逆に住宅ローンの完済が近い人には、借り換えるメリットは少ないです。
よく言われるのは、残りの支払期間が10年以上、残高が1.
000万円以上、金利差が借入当時よりも1%以上低いという条件が目安だそうです。
住宅ローン借り換えメリットを比較!【ランキングおすすめ銀行は?】