包茎手術後のアフターケアのやり方は?

基本的に包茎手術の治療の後のアフターケアについては必要なときと不要なときがあります。
メスなどの手術によって傷口がまだふさぎ切っていないというときには、消毒液を塗ったり通院をしなければならないというようなことがあるため、治療後のアフターケアが大事になります。
運動や性行為もしばらくはお預けを食らうことになるので、注意が必要です。
ですが、レーザーによって傷口をふさいだりする方法であれば、それらのケアや我慢をしなくても大丈夫なこともあります。
包茎手術の方法は事前にアフターケアの面についても検討したうえで行うとその後の経過も変わってきますから、手術内容だけでなく、後々のことも十分に検討しておきましょう。
包茎手術で失敗?俺のリアル体験談と術後【2ch口コミは嘘?】