光プロバイダ違約金発生させないために

光プロバイダと年間契約をしているとき、まだ契約満了ではないのに解約してしまうということの他に、違約金が発生してしまう可能性のある行動があります。
それは、乗り換え、プラン変更です。
プロバイダによっては複数のプランが用意されていることもあり、通信料や通信速度が違うということがあります。
その場合、途中でやっぱりこっちのプランが良かった、と思って変更をすると、今まで契約していたプランは解約という扱いになってしまう場合があるのです。
なのでそれを避けるために、最初の段階で慎重に考える必要があります。
次に乗り換えです。
違うプロバイダに乗り換える際も解約という手順をとってしまうと違約金が発生します。
違約金を発生させないためには、契約したまま、新たに契約したいプロバイダと契約する必要があります。